学校の防犯(不審者)対策

 学校内外において事件・事故が多発し、児童・生徒が巻き込まれるケースが発生しています。

 

 児童・生徒が安心して日常生活を送ることができるよう、不審者対策をおこなっていくことが学校にもとめられています。

 

 文部科学省は以下の報告を作成し、各学校における安全対策の強化と充実を指導しています。

 

Ⅰ 学校に不審者が侵入することを防止するためのチェック体制

 

  ① 学校の敷地内への不審者が侵入防止

      -来校者の出入り口を限定する。

      -出入り口から校舎入り口までの案内看板を設置する。

      -職員室から見通しが良いようにする。

      -児童が活動するエリアにすぐに近づけないようにする。

 

  ② 学校の敷地内での不審者の発見・排除

      -受付・事務室の案内表示をする。

      -来校者名簿を受付に整備し、必ず氏名などを記入させる。

      -来校者にIDカードを交付し、来校者が一目で分かるようにする。

      -職員や児童・生徒は来校者にあいさつしたり、声かけをする。

 

  ③ 校舎内への不審者の侵入防止

      -職員や児童・生徒は来校者にあいさつしたり、声かけをする。

      -校内巡視体制を作り、不審者侵入の未然防止と早期発見を図る。

 

Ⅱ 安全を守るための器具の備え

 

  ① 監視カメラ、インターホンなどの設置

 

  ② 通報装置の整備、防犯ブザーなどの携帯

 

  ③ 緊急時に使用する長棒、さすまた、催涙スプレー、ネットなどの防御用具。

 

 

新生Webサービス(株)

〒380-0875

長野市小鍋114-75

 

TEL:050-5897-9106

FAX:050-3488-6981

 

SAS-Kパンフレット

クリックで拡大します